夫を家計管理に巻き込むために行った3つの方法-その1-

家計管理準備編

こんにちわ!TUMU(@tumu_simple_life)です。

新生活の始まりと共にスタートする家計管理。

TUMU
TUMU

せっかくのウキウキな新婚生活でお金のことは話づらい・・・

そんな方も多いのではないでしょうか?

私も実際そうでした!

が!お金は大切なモノだし、使い方や管理の方法はちゃんと二人で話し合いたい!

そう思った私は、3つの行動を行い、実際に主人を家計管理に巻き込むことが出来ました。

そんな3つの方法のうち、その①を本日はご紹介したいと思います。

結婚前に主人と一緒にゼクシィ保険カウンターに行った

私自身、結婚後『いつ?どのぐらい?何のお金がかかるのか?』が分からず、保険にも入っていなかったため、結婚前にゼクシィ保険カウンターへ主人と一緒に行きました。

ゼクシィ保険カウンター お店での流れ

①基本情報の記入

②保険の種類や内容を説明してもらう

(医療保険、終身保険、がん保険、学資保険等)

③オリジナル家計プラン表の作成

(子供は何人?何歳の時に出産する?子供は大学に行く?私立?公立?いつお家を建てる?いくらのお家を立てる?妻は専業主婦?それとも働く?)等々ライフプランを想定し、どの時期にいくら必要なのかオーダーメイドの家計プラン表を作成。

④家計プラン表を元に、必要な医療保険や老後資金のための保険等の紹介。

ゼクシィ保険カウンターへ相談して感じたメリット

・無料でオーダーメイドの家計プラン表を作ってもらえる。

・相談料も無料。

・『家計管理しなきゃヤバっ!!』という共通認識が出来た。

・二人でお金について考えるきっかけになった。

・結婚後は専業主婦も視野に入れていたが、働く決心が着いた(笑)

・それまでは教えてくれなかった主人の年収を知ることが出来た。

今回はもっとたくさんのFP(ファイナンシャルプランナー)さんから話を聞いてみたいと思い、加入はしませんでした。

が、確実に主人も家計管理のことを考えてくれるきっかけになったと思うし、二人でお金のことを話しやすくなったと思います。

ただし、ここで注意点があります。

約1年家計管理を行ってきて、今言えることは、1回目で全てを決めない方が良いということ。なぜなら、知識がないから。

出来ることなら、FPさんに話を聞いてヤバいと思ったら、自分でもInstagramや本、youtubeで勉強して欲しいです。

始めは何も分からなくて当然。

私も自分なりに勉強してきたからこそ、今ではFPさんのお話もより理解できます。

そして、逆に今のTUMU家の家計を考えると、ここまで保険はいらないな!と自分で判断することが出来るようになりました。

ただ、最初は何からしたら良いのか分からないと思います。

そして、男性陣にはダラダラと家計管理の必要性を話すよりも、実際の家計プラン表を元に数字で話す方が、お金を管理しないといけないヤバさに気付いてくれやすかった気がします。

お金の専門家FPさんはゼクシィだけではなく、FP協会から探すこともできます。

TUMU
TUMU

★相談の際のプチポイント★

その場で即決はしない!

 保険は逃げないので、一度持ち帰りましょう!

補償内容などは理解できるまで聞く!

  自分が理解&納得できるまでしっかり聞きましょう!

相談を勧めたり、1回で決めるな!と言ったり「どっちなの?」と思うかもしれませんが・・・

まずは相談に行ってみる!

そして家計を管理しないといけないヤバさに気付く!

そこから自分で勉強を始める。

自分でも理解した上で、必要な保険や資産運用を始める。

いろんなやり方があると思いますが、私はこのやり方で家計管理をスタートさせました!

夫婦一緒に家計管理を考える第一歩として、まずは今後いつ、どのぐらい、どんなお金が必要か話を聞きに行ってみませんか?

コメント

  1. […] 次回は私が実際に行った『夫を家計管理に巻き込むために行った3つの方法』をご紹介します。 […]

タイトルとURLをコピーしました