マイナンバーカードを持たないと損な理由

お得な制度・サービス

こんにちわ!TUMU(@tumu_simple_life)です。

この記事では

・マイナンバーカードまだ持ってない(*´Д`)

・マイナンバーって持ってると何かお得なの?

という方必見!

今回は様々なことに役立つマイナンバーカードをご紹介します。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードとはマイナンバー(個人番号)が書かれたカードのことです。

通知カードとは何が違うの?

制度が始まったばかりのときに届いた紙の通知カード。

TUMU
TUMU

通知カードで番号わかるし、マイナンバーカードまでいらないんじゃない?

たしかに個人番号は記載されているのですが、あくまでも通知に過ぎないので、公的な身分証としては使えません。

マイナンバーカードをもつメリット

住民票がコンビニ発行できる

マイナンバーカードを持っていれば、住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍証明書などが、休日でも毎日6:30~23:00まで発行できます。

TUMU
TUMU

フルタイムの方など平日に役所に取りに行くのが大変な方にとっては、嬉しいサービスです。

マイナポイントが還元される

還元率25%以上というマイナポイント。マイナンバーがないと恩恵を受けることができません。

マイナポイントについては『知らないと損するマイナポイント!予約から申請方法まで分かりやすく解説』に詳しく書いています。

確定申告の手間が減少

マイナンバーカードを持っていると、e-Taxという確定申告をオンライン上で済ませることが出来ます。自営業やフリーランスの方にはありがたいシステム。

年間利益が20万円以上になると確定申告が必要なので、私も稼ぐことが出来るようになったら、オンラインでの確定申告にチャレンジしたい!

健康保険証として利用できるようになる

2021年3月からマイナンバーカードに健康保険証機能を付けることができます。

転職や結婚・引っ越しをしても発行を待たずに使うことが出来ます。

オーダーメイド型の情報を受け取ることができる

マイナンバーカードはマイナポータルにログインするときにも使えます。

TUMU
TUMU

マイナポータルとは・・・

地方公共団体の子育てサービス検索や自己情報開示、行政からのお知らせなどを閲覧できる政府運営のオンラインサービスのことです。

マイナポータルが本格運用されるようになると、例えば、シングルマザー方に対しては母子家庭対象サービスや補助制度に関する情報、共働き世帯の方に対しては児童手当の手続きや保育所の入所審査に関する情報というように、自分が必要な情報を適時受け取ることができるようになります。

いかがでしたか?

意外に役に立つマイナンバーカード。皆さんはもう手続きしましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました